ワガミチヲススメ

~in Japan…家族+my sweet dogと~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
自分とゆう人。





ワーホリにしても何にしても、何か新しいことにチャレンジする時って何かしら変えたい、変わりたいところがあるからやと思う。

うちの場合も例外じゃなく、そう思って環境をカナダはトロントに放り込んでみた。
けどワーホリに過剰な期待はダメやと聞いてたし、自分でもそう思った。
だからこっちに来てからそういったとこで凹むことはなかったしむしろ今までの4ヶ月はうまいこと来てる(英語を除いて……=_=;)









でも実際問題、こっちに来たんやし自分のいやなところ少しでも直ればって思えば思う程直ってないことがいやなくらいわかって、それをわかってるのに改善できない自分に腹が立ってきて、しまいには泣いて、もう頭パンク寸前になって「なんとかなるさ」と腹をくくってしまう。

それはいけないことやともわかってるけどそうしないと何も動けなくなってしまいそうやし、思うようにできなかった時のショックを事前に軽くしているんやと思う。



今、ある日本人の男の子のことですごい凹んでしまった。
うちはこっちにきて年下のその子にすごい頼れると思ったし、彼も頼っていいと言ってくれた。
だからうちは色々話したしそして助けてもらった。
もちろん彼も悩みはあるやろうからそこは頼られたかったし
うまくアドバイスとかできないけど何かしらの力になりたかった。
今まで生きてきて、うちは頼られる側の人ではなくていっつも誰かに助けてもらってきたから、これからは頼られる人になりたいと思った。
最近彼はある悩みとゆうか問題発生なのを友達から聞いた。
けど悩んでいるとかは決して言われなかったし頼られることはなかった。
それを言ってほしいと思ってるのも態度に出てたんやろう。それがさらに圧力のように感じて気軽には相談できない人を自分で作り上げてたんや。

うちは何か必要とされてたいと思う気持ちがすごくある。
それで自分の存在がなんとか保てる気がするし、それがなくなってしまうと居場所がなくなってしまうと思うから。

だからこそ今回のことはとてつもなく凹んでしまったし
こないだ夜に、決まったメンバーで飲んだ時にうちだけ彼からは話を聞いていなかった。
知らないフリした方がいいと思ったし、その話はその中の1人の友達から聞いたことやったから、「聞いたで」とか言うとその友達への信用とかを考えると言えなかった。
けど酔ってたから帰り道大きい声で話してて、さすがにわかるやろう。というような状況になっていた。

ここで他の人ならどうしてたんやろう。

うちには黙っておくことがいいと思ったから何も言わなかった。
たぶん「そんだけ大声で話してたらわかるわー!」とか言っておけばよかったんかもしれへん。今になったらそう思うけどその時はできなかった。そして自分は必要とされてないんやぁ……って思ってしまって涙こらえきれなかった。
それもいけなかったと思う。そのことを気にして泣いたなんて余計に言いにくい状況になるだけやのに。
そしてその友達たちにもイヤな思いさせるだけ。
こんなことこっちにまで来て考えたくもないのに。。。


その次の日電話で話した。
「知ってたし~ゆってほしかったわ~隠されてるのってすごい悲しかってん~」って。
そしたら
「ごめん。また言いますわ~」って返事。
人に何か相談とかするのってきっかけとか大きいと思う。
でもそれ以上にうちならすぐに信用できる人に相談してしまう。
人によってそれは違うだろうけど、それでも周りにそういう人がいればそうするやろうと思う。
うちがなりたかったのはそういう人で
今回それとはかけ離れた存在であったからほんとに悲しくてどうしようもなくなってしまったけど
自分のダメなとこ、直すべきところもわかってよかったかもしれないと思うことにしようと思う。

日本だろうがカナダだろうが大事なのは人と人。
ほんとにそう思った。









そしてこうゆう気持ちを言葉にするのがすごいヘタやと書いてて思ったw
ここも直したいなぁ。








スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/07/24(月) 16:32:58 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/07/25(火) 01:24:50 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。