ワガミチヲススメ

~in Japan…家族+my sweet dogと~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
改めて感じた家族の大切さ。
18日の夕方、約7時間もの間、おかんが手術を受けていました。



うちにはちょうど(現地時間)18日0:30AMころにおとんからメールを受け
"あと2時間程でおわると思います。"とのこと。

どうしても部屋にこもっていたくなくって
共同のリビングにてずっとパソコンを前にただただ待機とゆう
つらい状況でした。

おとんとまだ学生の弟が待合室で待っていたようで
その2人から時々メールをもらい、少しでも状況把握と
もし、いざと言う場合に、こちらから電話をかけるため
ケータイ番号を全員分と、その他信用のおける家族ぐるみの友人の番号を
入手しておきました。

普段カナダから日本へ電話をかける時、家族はパソコンに弱くて
Skypeすらもあまり使わないので、コーリングカードを使っての電話をしています。
固定電話へは約500円で500分くらいかけれるのですが
カードにもよるけど、うちの持ってるカードは約30分くらいしか通話できないため
SkypeのサービスのSkype outとゆう格安で電話がかけれるサービスを使えるよう
先払いでの料金支払いを済ませスタンバイしていました。

そのときは他に何が出来るかわからなくて
なんとか状況を把握して、帰国する必要があればすぐに動けるように努めていました。

奇しくもうちはビザの申請をしている最中だったので
その間は国外に出れない状態でした。
(例外もあるかもしれないけれど、まだ調べていません。)

2AMを過ぎた当たりで、最初のメールをもらってから約2時間が経ち
そろそろ終わるかと思っていましたが、なかなか終ったとの連絡が来ませんでした。

何か動きがあればメールする、とのことだったので
連絡がない状態はいいことだと言い聞かせて待っていました。

4AMくらいからはさすがに睡魔に襲われ、
少し前までは頻繁にしていたメール連絡も
特に動きがない為か、ピタリとやんでいたので
しらないうちにテーブルにもたれかかって寝てしまいました。

5AM前頃に、仮眠から覚め、弟にメールを送ったところ
集中治療室にいたためケータイの電源をきっていたので連絡できなかったが
ひとまず手術は成功、今の状態で特に異常はないが
2週間程はどうなるかわからない状態なので、経過をみなければならない、とのこと。

今回のおかんの病気は脳に良性の腫瘍ができたいたとゆうことでした。
その腫瘍が視神経を圧迫し始めるところだったそうで
本人に自覚はないけれど、視界もほんの少しかけてしまっていたようです。
幸い、普段から定期的な検診を受けていて、早期発見だったそうです。



まさか自分の家族に、それも家族内で一番元気なおかんにそういったことが起こるなんて
本当に夢にも思っていなかったのでびっくりしたとゆうのが正直なところ。
そして、タイミングが悪かったためもあり
日本に一時的にでも帰ってあげられなかったことを
ものすごく反省しました。

一応長女で、兄弟の中でも仕切るタイプなので、おかんも入院で
家をあけることに不安がっていたので。。。
せめてその心配だけでも取り除いてあげられたら良かったのに。
親不孝な娘だなぁと申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。



幸運にもこちらにいる友達で、そういったことは聞いた事ないですが
もし今、海外でも、国内でも家族と離れて暮らしている人は
是非、メールしてみてください。電話してみてください。
もっと密に連絡し合っていてください。

今回は不幸中の幸いで、命に別状はいまのところありませんが
一歩間違えれば後悔してもしきれないところでした。



どうかみんながそうゆう思いをすることがありませんように。。。



スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。