ワガミチヲススメ

~in Japan…家族+my sweet dogと~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
世界がもし100人の村だったら
1ヶ月くらい前になるけど、
テレビで「世界がもし100人の村だったら」を見ました。

本は読んだことはないけど、
ネットで少し読んだことあったんです。



たまたま見たのは、第3弾だったらしく
3人の子供たちのことを紹介してました。


その中の1人はフィリピンのゴミ山で暮らすマニラちゃん(12)のこと。
そこではゴミ拾いをして生計をたててる人たちは少なくないけど
12歳の子供1人だけが、そうしてるのはこの子だけらしい。

昔は父親がゴミ拾いをしてたけど、
酔っぱらいにからまれて殺されてからは
マニラちゃんが大黒柱。
母親は病気であまり動けないから、
家で弟たち2人と留守番……

1日中働くけど、やっぱり子供やからそんなに拾えなくて
3日に1度の食事はおにぎり1つぶんくらい。
それでも少しでもお腹を満たしたいから
水に浸してふやかして食べてた。

けどこんな状況でも
マニラちゃんは
おかあさんの薬代と、
お父さんが殺されるまで通ってた学校に、
もう1度通いたいから
「もっとがんばる」ってゆうんです。。。

なんかうちが説明しようと思ってもできひんし、
重みがなくなってしまうけど
なんかほんとにどうしていいんやろなってしか
表現できんなぁ……

こうやってブログに書いて少しでも興味持ってくれる人が
いたらいいなあ~


>>世界がもし100人の村だったら3

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
マニラには同じ様な境遇の子がたくさん居ます。
可哀想だとは思いますが、何も出来ないのですから
忘れるようにしてください。
冷たい言い方ですが、それが一番ベストです。

現実はテレビで見るよりもさらに悲惨なことが多いです。
2005/06/05(日) 13:01:21 | URL | rocky #-[ 編集]
ご意見ありがとうございます。
>現実はテレビで見るよりもさらに悲惨なことが多いです。

…それはわかってるんですけど、
忘れてしまうのがベストだとは思えないんで
うちは少しでも覚えていた方がいいと思ったんです……

けど、覚えていても何もできないなら忘れたほうがってゆうのも
すごいわかるんですけど。。。

2005/06/05(日) 22:35:25 | URL | RG@38 #H.KMh9r.[ 編集]
覚えていてもイイ
世界中で貧困に苦しむ子供たちがいる。
豊かな国に生まれて、なに不自由なく暮せる自分がいる。
「かわいそうだな」と思うことも大切だと思う。
直接手を差し伸べられなくても、記憶に留めておいて
いつか自分にも何か出来ないか?と思うのもイイと思う。
たとえばこんな方法もあったりするネ
http://www.plan-japan.org/
2005/06/08(水) 19:24:19 | URL | イヌダス #4D9zHEUg[ 編集]
>イヌダスさん
サイさんとこに実は通ってるのです……フフフU^エ^U
↑イヌダスさんとこに書き込み後、サイさんとこ行って
帰ってきたのでこのコメントです☆

ワンコ以外のことにもコメントいただきありがとうございます☆

>直接手を差し伸べられなくても、記憶に留めておいて
 いつか自分にも何か出来ないか?と思うのもイイと思う。

今のとこ何も出来ないので、イヌダスさんの言うように
いつかって思ってます。。
番組見た後にご飯食べたんですけど
いつも以上にありがたかったですね……
かなり量が多かったので(その日は尋常じゃない量だったんです……)
残そうか、と思いましたが
見た後だったので時間かかりましたが完食しました。
ただの食いしん坊なだけですけど…… -△-
2005/06/10(金) 23:37:53 | URL | RG@38 #H.KMh9r.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
ご存知の方も多いし、TVでもやっていました。内容に関しては、何も付け加えることはありません。自分では何もできませんし、何もしません。ただ、「知っていたい」と思います。たぶん、僕らのような、仕事でTVを見る時間のないような、サラリーマンは
2005/06/26(日) 13:50:12 | 思うこと。
「世界がもし100人の村だったら3」という番組を見た8歳で親に捨てられ、13歳で出産したナディアという少女の話。13歳というと中1ぐらいだよね。その年で親になるなんて、俺には想像すら出来ないよ。世界中の子供達が、笑顔で幸福に暮らせるような世界にしなければ!と....
2005/12/15(木) 17:45:03 | かずのずかん(カズの図鑑)
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。